レガーロの社員教育・社員研修のテーマは、「健全化」です。

健全とは、人が喜ぶと自分も嬉しいという心を持っていること。
がんばろうという闘争心を持っていることです。

一人一人が健全になり、知識を蓄え、みんなで結束することで仕事への姿勢が常に前向きになり、仕事の質が上がり、お客様に提供するサービスの品質が上がります。

そのためにレガーロでは、以下の4つのことを、社員教育・社員研修として定期的に行っています。

経営会議

月1回、3時間。
株式会社カクシン 経営コンサルタントの長山先生に講師としてご来社いただき、
ご指導頂いています。

社員全員で事業計画の進捗を確認し経営課題を共有することで、社員一人一人が共通のゴールを見据えて問題解決できるようにするために行っています。

この経営会議により、会社のことを当事者意識をもって運営する意識(経営者目線)を培っています。

→株式会社カクシン ホームページ

脳科学 研修

月1回、1時間。
脳科学者で『なぜ稲盛和夫の経営哲学は人を動かすのか?』の著者である岩崎一郎氏に、講師としてご来社いただき講義を受けています。

リーダーシップ、信頼関係の築き方を、脳科学の観点から考察し、勉強しています。
人の行動を科学的に知り、それに基づいてリーダーシップをとり、信頼関係の築ける人になることを目的としています。

→国際コミュニケーション・トレーニング株式会社 ホームページ

会計・数字勉強会

〜試算表・決算書から経営・事業計画をたてる〜

月1回、1時間。
古田土会計さんに講師としてご来社いただき講義を受けています。

数字、計画があって日々の行動があることを認識し、行動に反映することを目的としています。
ゴールを明確にする(見える化)し、目標を立てていきます。
俯瞰逆算思考でゴールから逆算してスケジューリングします。
社長ひとりで数字を読んで計画を立てるのではなく、みんなが数字を読めるようになり、みんなで計画する会社になっています。

→税理士法人 古田土会計 ホームページ