2020年までの「看板ドック」と21年からの「看板ドック」

「看板ドック」初受注から3年余。

おかげさまで、順調に業績を伸ばしています。

とはいえ、私のなかではほんとうに色々なことがありました。

「成長には痛みが伴う」とは弊社快適創造企業レガーロ社長の高倉がいつもいうことですが、体の成長期を過ぎて心の成長が求められる年齢になり、年々その言葉を噛み締めています。

 

弊社では高倉社長が立てた「看板業界を安全第一の業界にする」という志を、社員スタッフ全員で共有しています。

「看板ドック」はその志が形になった商品の第一号。

作り上げたことを誇りに思っていますし、世の中にどんどん広めていきたいと願っています。

 

お客様にはなにより看板の安全の必要性をご理解いただきたくて、発売以来啓蒙の気持ちを込めてお話をしてきました。

「看板ドック」が保証するのは「看板の安全」ですから、そこにまず気づいていただいて、導入をご検討いただくのが順序だと思っていました。

 

また、国や行政も事故の後には安全確保のためにさまざまな手を打ってきます。

たとえば看板ならば、設置前に屋外広告物として所轄の地方自治体に申請が必要です。

それも決められた年数で更新をしなくてはいけない。

全国展開している外食業の店舗担当者のもとには、所轄の各地方自治体から更新の書類が五月雨のように送られてきます。

 

担当者はおそらく、開封するのも気が重いことでしょう。

もちろん、新店舗で看板を出すときには屋外広告物の申請をしなくてはなりません。

「やりたくない仕事」の代表格になっていると思います。

 

ここで快適創造企業レガーロの出番です。

更新の書類がきたら弊社に送ってください、新規の看板の申請もお任せください、弊社が代行しますよ。

更新の場合には、点検もしなければなりません。

それには「看板ドック」を使ってください、とお願いをするのです。

 

お客様に屋外広告物の申請や更新の代行で肩の荷を下ろしてほっとしていただき、「看板ドック」で看板そのものの安全を確保していただく。

これが快適創造企業レガーロのビジネスモデルとなったのです。

看板の安全という理想的な状態の構築の前に、担当者の「面倒な申請の仕事」という障害物があったわけですね。

まずそれを除いて差し上げると、初めて「看板ドック」への道が拓ける。

 

そして次の段階は「看板ドック」の点検ソフトを公開して、検査はそれぞれの看板業者にしていただき、快適創造企業レガーロは上がってきたデータの解析をして報告書を提出するというものです。

 

これもある外食産業の会社様の場合ですが、全国で看板を施工している業者が9社ほどありました。

点検の方法も安全基準も各社まちまちで、担当者は現況が安全なのかどうか判断に困ります。

ここでまた我が社の出番。

ソフトは無料で提供しますから、検査をしてデータをまるっと送ってください、

こちらで解析して報告書を上げ、申請も代行します、というサービスです。

 

さらにもう一段階。

看板など屋外広告物を設置するには自治体に「屋外広告業」の登録をしなければなりません。

登録の区分は都道府県や市町村によって異なり、全国で163か所。

快適創造企業レガーロは2020年末で163か所すべての屋外広告業を取得しました。

快適創造企業レガーロなら日本全国どこの店舗でも屋外広告物の管理者となることができます。

 

以上、看板のことならどこからでもかかってこい、の体制が出来上がった年明け。

2021年もどうぞ引き続き「看板ドック」と快適創造企業レガーロ、そして私、佐藤大樹をよろしくお願いいたします。

Follow me!