店舗開発担当者様必見!大幅なコストダウンに繋がるレガーロの新サービス「看板リペア」

いよいよ、梅雨も明け夏らしく汗の滴る季節になって参りましたね。
そして台風の季節でもあります。

実は私は以前台湾に5年間住んでおり、妻も台湾人でして、
この時期になると、台湾の気候と猛烈な台風を思い出します。

あまり知られていないと思いますが、
台湾では政府がTVで発表する「台風休み」が存在し、
台風になると会社も学校もお休みになるのです。

なぜなら看板が降ってきて危険ですからね。
日本でも同様の事故が数多く起きています。

そこで
「看板で悲しむ人をゼロにしたい」
という思いより

今回はレガーロの新サービス「看板ドック」及び「看板リペア」による大幅なコストダウンに繋がるご提案のお知らせです。

看板ドックって何?

レガーロは御社の看板を人間ドックのように看板の健康状態を数値で診断します。

大きな看板程、落ちたら大事故に繋がります。
まずはチェックしてみてください。
最近では、台風が来る前に自社の看板の安全性を確認しておきたいというお問い合わせが多いです。

店舗開発担当者さん共通のお悩み

・居抜きで譲渡された既存のポール看板を使いたいが、安全上使えるかどうかわからない!
・建ててからいつ検査されたかわからない
・そもそも図面が残ってない!


撤去しかない!!新しく建てなければならない!
コストが合わない!


そのお悩み解決できるかもしれません!

今まで撤去&新設という選択肢しかなかったものが
看板ドックサービスの診断で、まだ使える、延命できるという選択肢が増えました。

そしてここからが看板リペアです。

看板リペアサービスとは?

・一級建築士の強度計算の裏付けにより安全・安心
・撤去&新設の半分以下のコストで可能
・撤去、4m以下にすることで懸念されていた集客効果低下も心配ない!

居抜き物件が多い店舗担当者様より、「こんなサービスがあったらいいな」を
レガーロは形にして上記サービスを開始しております。

まとめ

今後もお客様のご要望により、より良いサービスをご提供できるようにレガーロは進化し続けます。
お客様のお悩み事、心配事がありましたらご連絡ください。
まずはお聞かせください!お問い合わせお待ちしております。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です