↓ レガーロ流1「レガーロヒストリー」


→ レガーロ流2「業務日誌」 → レガーロ流3「エニアグラム採用」


己の目と耳と感性でレガーロを知り、まとめ、発表する

このページは、入社したての新入社員が、先輩や社長 髙倉にインタビューした記録。
対談になっています。
対談記事で、「レガーロ流」を表していきます。

悩みぬくと、オリジナリティーが生まれる

レガーロヒストリーとは何ですか?

レガーロに入社した新人が、一番最初に新人研修的な位置づけで行うものだね。
自分が入った時もあって、現在も継続してやっている。
レガーロが、新卒を採用するようになってから行っている最初の宿題のひとつだよ。

具体的にどういったことをするんでしょう?

レガーロのこれまでの歴史を、新人が先輩にインタビュー形式で聞きながら、まとめていくもの
レガーロのことを知るということだね。

先輩の時は、どうやって聞きましたか?

先輩の空いているスケジュールを確認してアポを取り、1回に1時間くらい質問していく。
質問と、返ってきた答えをまとめて、社員旅行の日までに仕上げて発表するという段取りも含めた研修だね。

手始めに、何をしたらいいのでしょう。

始めに何をするのかも、スケジューリングも、新人が自分なりにやってみることになってるよ。

先輩はどのようにして、進めましたか?

社長から「好きなようにやれ」と言われて、実は困ってた。
自分で考えて、自分で進めるという、進行上のオリジナリティも求められているんだよね。

最終的には、まとめたものを全員の前で発表するんですよね。

そう。
6月の社員旅行の時に発表することになってるね。

インタビューの準備はどのようにしましたか?

フォーマットがあるわけでもなく、当初はまとめるためのゴールが見えないままだった。
過去の先輩のものを参考に見ると、同じようになってしまうと思ったので、あえて見なかったよ。

そんなゴールが見えない中でどうしたんですか?

どうしたらいい分からず、とりあえず聞いてメモしていっただけだったな。
やり方やまとめ方については何を聞いても『自分なりにやれ』だけだったので、困って、困ったあげく出てきたものが、結果として自分らしさだったんだと思う。


発表はどんな感じでしたか?

シンプルに原稿にまとめただけのものを、読んで発表した。
単純にQ&Aを読み上げる感じで20分くらいの発表だったけど、その内容に対して当時の先輩は大爆笑だったよ。

大爆笑!?

質問の中に『先輩Aから見て、先輩Bはどういう存在ですか?』というのがあったんだけど、先輩たちにとっては『あいつBのことそう思ってたの?!』っていう思わぬ答えだったようで、それがウケたんだね。
真面目に読んだだけだったけど。

今のレガーロがあるのは、あたりまえじゃない。

今こうしてお客様がいる、チームレガーロ(協力会社)がある、そしてレガーロがある。
それはあたりまえのことじゃない。

レガーロヒストリーを終えたときはどんな気持ちでしたか?

達成感はあったと思う。
面白かったから。
自分ではごく真面目にやっていたけど、まさかの大爆笑だったので。


立場が逆転して、聞かれる側になった気持ちはどんな感じですか?

今年でもう6年目、毎年なんだけど話し始めると話したくなる。
年々、話したいことが増えている感じがするから面白いよね。
同時に新人と話すことで、自分を振り返るきっかけにもなっているのでいいと思うよ。

自分にとっては、このインタビューの時間が、実務以外の話を先輩とできる時間になっています。


ところで社長、レガーロヒストリーを始めた理由やきっかけはどういったことだったんでしょうか?

今のお客さんがいることも、チームレガーロがあることも、当たり前じゃないことを知ってほしくて始めた。
それが、入社間もない新人スタッフと、先輩とのコミュニケーションの時間になるという副産物も生んでいるね。
どこかの会社を参考にしたわけでもなく、思いつきだったんだけど、やってきてよかったと思う。



「やった方がいい」「継続しよう」の声が、社員から


ずっと続いているんですよね。

いい時ばかりではなかったので、その嫌な思い出も毎年話さないといけないのが嫌で、やらなくてもいいと思ったこともあるけど、社員から「やった方がいい」と言われたので続いてる。

先輩も「やった方がいい」と思いましたか?

自分が入社した時に、このレガーロヒストリーで、先輩や社長の話を聞いて、「すごい!」と思った。
だから、続けた方がいいと思ったんだよ。

発表は社員旅行先で、みなさんお酒が入った状態だと思うので、まとめたものをこのまま発表ではなく何か工夫がいると思っています。
今のところ紙芝居にすると面白いかなと。

映像も入れるとか?(笑)

それもちょっと考えています。
話したいことは頭に入っているので、文字にせずにスライドのような感じでいこうかなとも思っています。

自分でハードルあげてるねー!(笑)


あ!ほんとですね(汗)



 

→ レガーロ流2「業務日誌」


シェアする