「看板ドック」3つのメリット



1.安全


これまで、看板の安全性の検査は目視による曖昧な検査、診断が一般的で安全基準は存在しませんでした。
看板ドックでは、定量的な安全基準に基づき、数値結果によって評価をして、診断カルテをご提示します。
国土交通省の標識の安全基準に準拠して数値で評価するため、明確な判断が出来るため「安全」です。

2.安心

東洋大学と産学連携で、共同開発契約を締結し、安全基準を確立
国土交通省の標識柱の検査で実際に使用されている検査方法、検査機器を採用して診断します。
看板ドックで確立した安全基準は専門家、有識者による実績に基づいた評価基準を採用しているので、「安心」です。

安全・安心を支える「看板ドック」の検査内容は検査内容ページをご覧ください。

3.安価

ポールサイン1店舗あたり(2本以内)10万円で検査致します。
目視検査は安全基準がなく評価が曖昧なため、検査をしてもその後の対策をどうすればよいのか迷ってしまいます。
その結果、とりあえず年数が経っているから撤去ないし新品に交換しようとなると、1本あたり約300万円程度のコストがかかります。
それに比べ、看板ドックの検査は診断カルテでご提示するので、その後の対策が明確です。
問題がなければ0円、対策が必要な場合も、新設工事の3分の1のコストで「リペアサービス(補修)」が可能です。
全国に多店舗展開されているチェーン店であれば、長年経過したポールサインを全て交換するとなると莫大なコストがかかります。
対策が必要なポールサインだけ、リペアをできる、コストダウンができるのは「看板ドック」だけです。

詳しくは費用対効果ページをご覧ください


シェアする