電源装置とはコンセントなどの1次側電源に流れている電圧(100Vないし200V)を24Vや12Vに変換する装置です。
コンセントなどの100Vに直結させるタイプのLEDは、過電流や突入電流が生じた際にショートし、発火する危険性がありますので、弊社では一切取り扱いしておりません。
弊社では、安全性を考慮してLEDの電気容量×1.5の負荷率で電源装置を選定しております。


シェアする